飛行場放浪記

飛行場が大好きなおっさんがなにか書いてます

車載用エアバンド受信機として使えるか? アイコムID-4100の受信範囲が公表

12
 先日アイコムから発表されたD-STARモービルトランシーバーID-4100。当初のリリースでは「VHF/UHF帯のエアバンドを含む各種ユーティリティ無線の受信など、便利な機能が満載」と表記するものの、具体的な周波数については記載されていませんでした。さきほどアイコムダイレクトのホームページを覗いたら、 主な仕様が掲載されていました。



04
 
 VHFエアバンドについては、およそ137MHz止まりとなり、自衛隊などが使用する142MHzまでの周波数は合わせられるもののAMモードに設定できません。これはアマチュア無線機の広帯域受信機能ではありがちなことなので織り込み済みでした。一方、UHF帯は230MHzからとなっており、UHFエアーバンドで使用する225〜230MHzの間は受信できないという謎の仕様です。 AMモード設定可能な上限は375MHzで、こちらは一部の特別な周波数を受信したいという人以外ならほぼ不満のない設定ではないでしょうか。

 途中、いわゆる歯抜けしている周波数帯があるのですが、今までも行われていた無線を使用した電話の周波数に加えて、消防・防災行政無線の周波数も歯抜け周波数に加えられています。ただ、この仕様の表記を見ると、AMモードにすれば受信できてしまいそうで、もしそうなら、歯抜けにした意味は全くないのですがね。

 エアバンドを受信する機材としては、ハンディ機か固定機かの2択となり、車載できる受信機はほとんどないのが実情。ユニデンのBCD536HPあたりを車に積もうかと考えていたところなので、受信機能の充実ぶりによってはID-4100も選択肢に入れられるかな、と思っています。 価格も実は似たり寄ったり。

 ID-4100のアドバンテージは、メモリーネームに漢字やひらがなを使用することができるという点や、表示部分をセパレートできるため設置に柔軟性がある点。一方BCD536HPは、兄弟機種となるハンディ機BCD436HPとほぼ同機能で柔軟な操作性、メモリーの管理が共通化できることあたりが優位性の高い部分でしょうか。

 スキャンスピードや感度、AMモード受信時の音質といった情報が出てきてから、またじっくり考えてみたいところです。