飛行場放浪記

飛行場が大好きなおっさんがなにか書いてます

富山空港のボーディングブリッジの長さは日本一

20150922_145415_01
 河川敷に滑走路を作るという例は国内でも何カ所かありますが、ジェット機が就航して定期便が飛ぶ空港となると、ここ富山空港以外に河川敷にあるところはありません。

 滑走路は河川敷にあるのですが、ターミナルビルは堤防より外側にあるという構造なので、堤防を越えなければならないパッセンジャーボーディングブリッジ(PBB)は異様に長く、日本一なんだそうですよ。最初、日本一の長さのPBBと聞いたとき、可動部分(上の写真の中央より右側の部分)の長さが日本一なんだと思い込んでいたので、現物を見たときは「ああ、そういうことか」とちょっと冷静に見てしまいました。でもこうやって見るとやっぱり長いですね。
 
20150922_173009
  長いので、お見送りと搭乗者が手を振り別れを惜しむのもほかの空港に比べると10倍ぐらい(当サイト独断)長くできます。展望デッキからPBBがものすごく見やすい、というかこの不思議な構造の展望デッキについては近日中にあらためて。