飛行場放浪記

飛行場が大好きなおっさんがなにか書いてます。たいてい何か食べたり吞んだりしてます。

ヒコーキ撮影

おいしい山形空港はほんとうにおいしい空港だった

羽田空港から190マイル。山形新幹線で東京駅から一本で行けてしまうため東京在住のものにとっては失礼ながら影が薄い山形空港ですが、平成25年度以降羽田便の利用者数は増加傾向。朝晩2往復あるので、日帰り出張には使いやすいと思うのですが 山形空港と山形…

ラジオライフ2018年11月号発売中です

今月もまた特集があやしげなラジオライフ2018年11月号が発売になっております。 ラジオライフ2018年11月号 出版社/メーカー: 三才ブックス 発売日: 2018/09/25 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る そんな特集とは関係なく、連載させていただいており…

大阪国際空港にワインと料理が楽しめるワイナリーができてた

ワイナリーというと、ぶどう畑のまんなかにある古めかしい建物の中にあるというイメージ。大泉洋さん主演のこの映画の雰囲気がまさに、という感じです。 ぶどうのなみだ 発売日: 2015/03/18 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る ワイナリーと…

みそかつで有名なあのブタがやたらとアピールするセントレア

飛行機がセントレアに到着。ボーディングブリッジを通ってターミナルビルに入り、長い廊下を歩いた先にある手荷物受取所に行くとこんなヤツが出迎えてくれます。名古屋でみそかつといえば、の矢場とんのキャラクター。ウィキペディアには彼の名前は「横綱ぶ…

セントレアで空の日イベントが中止。その理由を聞くついでにお酒を呑んできた

台風21号の通過で冠水と連絡橋破損のダブルパンチの関西国際空港と地震でターミナルビルが損壊、停電のダブルパンチだった新千歳空港。短い間にインバウンドの拠点空港が二つ使えなくなるという緊急事態。そんなこととはあまり関係なく、名古屋方面の仕事で…

大改装工事中の福岡空港展望デッキは今こんな感じ【2018年8月末版】

2020年夏のオープンを目指して大改装中の福岡空港送迎デッキ。規模を縮小しながらも飛行機を見ることができるのは、以前にもこのブログでお伝えした通りです。 kuko-fan.hatenablog.jp この記事を書いてからおよそ半年、また状況は変化しておりました。 // 2…

IC-R30をスマホからコントロール!専用アプリをアイコムが発表

雨の中ながらもほとんどのスケジュールをこなしてくれた航空自衛隊松島基地の航空祭。あんな天気の中飛んでくれたのはありがたいですし、なにより午後のブルーインパルスの時だけ晴れ間も見えたのはちょっと奇跡でした。 午前と午後で撮影位置を変えてみたの…

松本空港でもヒマワリとヒコーキを絡めた撮影ができた…けど

先日まで北海道をフラフラしていたのですが、最大のミッションは航空自衛隊千歳基地航空祭で政府専用機2機並びを撮ることとでしたが、裏ミッションは女満別空港でヒマワリと飛行機を絡めた写真を撮ること。2年ぶり3回目の女満別です。これを撮りに行きたいと…

ラジオライフ2018年5月号発売&付録表紙を撮った時のハナシ

ラジオライフ2018年8月号 出版社/メーカー: 三才ブックス 発売日: 2018/06/25 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 毎度毎度、毎月この時期恒例の仕事の宣伝でございます。ヒコーキ写真の解説のようなものを連載させていただいているアヤシい雑誌ラジ…

松島基地でブルーインパルス訓練予定の変更に翻弄されたハナシ

ブルーインパルスのベースである航空自衛隊松島基地。全国各地の航空祭でビシッと決まった展示飛行を披露するため日々訓練が行われています。休日に混雑する航空祭に行かなくても、松島基地まで行けば飛んでいる姿を堪能することができます。 先日、別件で近…

ラジオライフ2018年4月号発売になりました

ヒコーキ撮影についての連載を担当させていただいているラジオライフの2018年4月号が発売になりました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 今月は、羽田空港のレア離陸であるハミングバードディパーチャーについて取り上げてみました。こ…

エアロラボのYS-11を高松空港で見かけたハナシ

国交省航空局が空港の施設点検を行う飛行検査機として使用していたYS-11を買い取り、再び飛ばすプロジェクトを行っていたエアロラボ。羽田空港から高松空港に移されたという話は聞いていたのですが、先日その機体をはじめて見ることができました。展望デッキ…

松島基地航空祭でシグマのライトバズーカを試してみた

7年ぶりの復活となった松島基地航空祭。海霧に悩まされるというイメージが強かったのですが、薄雲が広がる時間帯があったものの概ね晴れ。メインエリアとなった高台エプロンはまだ新しいのでコンクリートが真っ白で、太陽の日差しと照り返しでまたすっかり黒…

シグマのライトバズーカ、なかなかやってくれます

今回の帯広・新千歳空港ツアーは、最近発売された(といってももう4ヶ月ほど経ちますが)シグマの100-400mm F5-6.3 DG OS HSM (Contemporary)で撮影をしてみました。ちまたで言うライトバズーカってヤツです。ホントにコンパクトでビックリしました。SIGMA …

ヒコーキ撮影に折りたたみ自転車というご提案

空港周辺で撮影するとなると、ほとんどがクルマ移動。カメラやらレンズやらはもちろん、脚立などの大型機材も余裕で搭載できて、待ち時間には涼んだりできるシェルターとしても使えるなど、クルマを使うメリットは大きいもの。 一方で、クルマを止められる場…

復興の槌音

仙台空港に行くと、どうしても東日本大震災のことを思い出さずにはいられません。DC-3が朝早くに離陸して富士山あたりを飛んでいるあいだに時間があったので、岩沼市の千年希望の丘に行ってみました。もともとは住宅地だった場所ですが、わずかな遺構をのこ…

薄明光線というとさほど風情はないのですが

先日DC-3を飛んでいるところが見られないと愚痴ったところでしたが、今日ようやく離着陸を見ることができました。 その写真はあえてスルーして、そのあと撮ったものから今日の一枚を。 雲のあいだから光が降り注ぐ様子のことを、薄明光線というんだそうです…

松山空港近くの定番絶景スポット、垣生山に登ってみた

なんとかとカメラマンは高いこと頃が好きという格言がありますが(?)、多分に漏れず私も高いところが大好きです。航空機撮影ではなかなかできない、見下ろす位置からの撮影ができる場所にはできるだけ行きたいと思っています。 (adsbygoogle = window.adsb…

2017年のCP+、航空写真家さんのイベントスケジュール

今年もこの季節がやってきました。年に一度のカメラの祭典、シーピープラス。各メーカーの製品を手に取れるチャンスで、いくつか注目の新製品も出てきてますね。イベントステージでの写真家さんのセミナーやトークショーも、普段なかなか聞くことができない…

AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E EDでヒコーキ撮ってみた

バスケットボールの撮影で使ったらおもしろいかな思って、このレンズを買ったのですが、Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED フルサイズ対応posted with カエレバ ニコン 2016-08-26 Amazon楽天市場 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).p…

大空町のひまわりはただいま見頃です!

女満別空港がある大空町の、ひまわり開花情報ブログは7月13日を最後に更新が止まっており(記事執筆時点での情報です)、開花状況がなかなかつかめないところ。「来週にも満開になりそうです」というブログの文章を信じて2016年7月21〜22日の実質一日半、ヒ…

カメラのUSB端子直結画像吸い出しがあまりに不安定なのでXQD/SDカードリーダーを買ったハナシ

ニコンのD5とD500はカメラのUSB端子がUSB3.0に対応していることから、カードリーダーを使わなくてもカメラとパソコンを直結してしまえば撮影画像が高速転送されますよー、だからわざわざXQDのカードリーダー買わなくても大丈夫ですよー。という中の人アピー…

仙台空港の有名スポットだった下増田第一臨空公園のいま

仙台空港臨空公園が再開したことをつたえる、航空ファンのコミュニティサイトFlyTeamの記事にこんな記述がありました。 この記事の見出しと記事の冒頭で「ターミナルビルを望むことができる」という記述があります。実際に仙台空港臨空公園からみたターミナ…

ニコンD500にMB-D17は必要か?〜実践編

届いたMB-D17にフル充電したEN-EL18aを入れて、さっそく羽田空港などに行ってあれやこれや撮影してきました。Nikon マルチパワーバッテリーパック MB-D17posted with カエレバ ニコン 2016-04-28 Amazonで探す楽天市場で探す 本体だけでも、バッテリーパック…

ニコンD500で縦位置撮影と電池消耗対策にMB-D17を導入

乗りモノ撮影番長との呼び声も高いニコンのD500。D5と同じAFセンサーモジュールを採用していることで、動きモノにもビシビシピントを合わせてくれて、かつフルサイズセンサーよりも小さいAPS-Cサイズのイメージセンサーを使っていることで、同じレンズを使っ…

仙台空港臨空公園がリニューアルオープン

周辺の工業団地の造成工事でクローズとなっていた仙台空港臨空公園(宮城県岩沼市)が2016年4月16日から使用可能になったとのリリースが地元自治体から出ていましたので、どんな公園なのか見に行ってみました。 仙台空港の西側、RWY09端の南に位置しており、…

那覇空港の南端にある撮影ポイントにあるホテルが快適すぎた

今日発売になったこちらの雑誌 の連載で、全国各地の飛行場が見えるホテルを紹介しました。そのなかでも、那覇空港の近くにある瀬長島ホテルはなかなか楽しいところ。今回は、誌面では紹介しきれなかった部分の補足情報をお伝えします。 瀬長島はこんなとこ…

種子島の荒野にて、SAABを待つ

ちょっと先日のH2A F30の打ち上げを見に行こうと思って見られなかったときの話を。 次第に天候が悪化する種子島。ギリギリまで打ち上げの発表を待っていたものの、なかなか公式発表がなかったため東京の編集担当さんと連絡を取り、撤退を決断したのが2月13日…

展望デッキより撮影環境がいい、種子島空港横の展望所

以前のエントリでも書いたように、種子島空港は定期便が一日3往復。一番大きな機体がこのDHC-8-Q400です。中種子町の中心部にあった旧空港から移転、滑走路が長くなったことでジェット機の就航も可能になったのですが、通常飛んでくるのはプロペラ機。年末…

種子島で見られなかったロケット打ち上げを鹿児島空港で撮った話

とある雑誌の取材でロケットの打ち上げ(H-2A F30)を撮影するため種子島に行っていたのですが、予定の2月12日の打ち上げが気象条件の影響で延期になり、結局17日になりました。多少延期になる可能性があることを考えて、余裕を持ったスケジューリング…